再生数を増やすためには

ユーチューブに動画を膨れ上がるロードして、その広告収入で生計を立てている所謂「ユーチューバー」が1つの職業として確立され、例えるなら芸能オフィスのようにユーチューバーオフィスも今頃は増加しつつあります。さらにプロモーション活動の一環として、ユーチューブに動画を上げる会社も増加してきており、ソーシャルメディアマーケティングの1つとしてYouTubeは無視する事ができない影響になりつつあります。さて、そのようなYouTubeを使ってマーケティングをしていきたいわけですが、それによりには他のSNS同じくにアルゴリズムを認識する必須があります。Youtubeが最も優先する事、それは「Youtube上でのユーザーの滞在時を永らくする事」です。どのような事か?YouTubeはYouTubeそのものの滞在時が長期に渡ってなるのであれば、ユーザーがどのチャンネルで、どの動画を見ていようと係りないのです。

ですからYouTubeは、個別の動画のリユース回数が増えるように働きかける事を、積極的には行いません。しかし、動画を視聴する側のユーザーには積極的に働きかけます。ユーザーが関心のある動画、ユーザーが観たいと思う動画を前面に押し出す事で、わずかでも永らく多くのユーザーがYouTube上で動画を見る事を促進します。それ故にもYouTubeは、ユーザーが高評価した動画を積極的に見せ、関心なしとした動画は出さないようにするのです。考慮してみればもちろんの事ですが、初めにYouTubeがユーザーのYouTube上での滞在時を最必須事項として捉えている事を頭に入れておきましょう。ユーチューバーを評価するときに、世間ではよく「補修回数」の話が持ち出されると考えます。例を挙げると、あるユーチューバーの大きく上乗せロードした動画のリユース回数が10万回を超えていれば、私達はそれをすごいと感じ、反対に一新回数が1000回にも満たないような動画だと「大した事のない動画」だと思うでしょう。

おっしゃる通り10万回補修の動画はすごいですし、1000回にも満たないような動画は大注目の動画とは言えないでしょう。これは事実ですし、否定するつもりもないのです。しかしながらアルゴリズムの評価技術の話をしますと、その実復活回数は最必須事項ではないのです。無論アルゴリズムも一新回数を評価しないわけではないのですが、それよりも動画の総改修時を優先します。要因は上述した通り、Youtube自体がYouTube上の滞在時を最肝心視しているからです。

私達がいつも、改修回数の多々ある動画を流行動画として捉えているところを、アルゴリズムは総補修時の長い動画を大注目動画として捉えているというわけです。一例を挙げれば、いずれの動画もはじめから最後まで復活された事を前提にすると、1分の動画が100回改修された時と、20分の動画が5回リユースされた時で比較した時、アルゴリズムの評価は両者ともに同じなのです。理由を言えば、両者ともに総改修時は100分だからです。弊社も自社アカウントや、弊社とタイアップしているユーチューバーを通じて動画を何個か膨れ上がるロードしておりますが、YouTube運営側から「総リユース時○○時遂行!」といったメールをいただきます。視聴回数ではなく総一新時をメールで知らせてくるあたり、いかにYouTube側がリユース時を優先しているかがわかりますよね。